日経NETWORKはネットワーク技術の専門情報誌!お得な定期購読も

日経NETWORKはどんな専門情報誌!?その内容や特徴について

ネットワーク技術のイメージ


日経NETWORKは、ネットワーク技術の基礎から応用まで詳しく解説されている、毎月28日発行の専門情報誌です。年間12冊発行されており、1年間の定期購読料金は税込17,500円で、1冊あたり約1458円となっています。

日経NETWORKの内容や特徴

・ネットワーク技術の基礎、実践、応用のそれぞれのレベルについて、毎月記事を掲載している。

・ネットワーク技術の基礎知識や応用知識を、体型的に学べる。

・ネットワーク構築の事例や実際に発生したトラブルなど、実例が数多く掲載されている。

・現場で働くネットワーク技術者の各種ノウハウが公開されている。

・LANやネットワーク運用管理、セキュリティ対策など、広範囲の情報をカバーしている。

また日経NETWORKでは、”わかりやすさ”を重視した連載が12個も掲載されています。具体的な内容と見てみると・・・

スッキリわかる!ネットワーク技術解説

図表やイラストを多用し、ネットワークの仕組みや動作を解かりやすく解説してくれます。

裏読みセキュリティ事件簿

テレビやネットニュースなどで時々報道されているセキュリティ関連の事故について、専門家がその裏側の実情を説明しています。

イラストで学ぶ ネットワークのき・ほ・ん

ネットワークの基礎から活用例まで、イラストを用いて教えてくれる連載コンテンツです。ネットワーク管理者を目指している人にお薦めです。

この他にも、「セキュリティ診断のイロハ」や「トラブル解決クリニック」など、読んでためになる連載が豊富に揃っています。

日経NETWORKの公式ページはこちら↓



日経NETWORKの新規定期購読で3大特典が付いてくる!

日経NETWORKを新規で定期購読すると、以下の3大特典がもれなく付いてきます。

1.ネットコマンド&Wireshark実践ガイド

ネットワーク技術者が絶対に知っておきたいネットコマンドや、Wiresharkで把握するパケットの実態を学べます。

2.ActiveDirectory グループポリシー活用術

「Active Directory」は、活用例が非常に多いWindowsのディレクトリーサービスです。基礎から応用まで、しっかり勉強できます。

3.ズバッとわかる無線LAN

便利な無線LANは有線LANと異なる部分が多く、適切な設定が必要不可欠です。無線LANの運用や失敗パターンについて、幅広く学習できます。

また年間購読を申し込むと、デジタルサービスも利用できるようです。いつでもどこでも電子書籍版が見れるので、かなり便利だと思います。

日経NETWORKの新規定期購読はこちら

日経NETWORKの定期購読「らくらく購読コース」で10%OFF!

日経NETWORKを定期購読する時は、クレジットカード払いのらくらく購読コースがおすすめです。

通常の定期購読の場合、1年12冊で17,500円ですが、らくらくコースの場合は税込15,750円になります。

また3年36冊の場合は通常36,000円ですが、らくらく購読コースにすると税込32,400円です。いずれの場合も、10%割引になっています。

さらに、洗練された記事が毎日70〜100本程発信される「日経 xTECH」とのセットの場合、1年12冊で通常31,900円のところ、らくらく購読コースで税込28,710円で申し込むことが可能です。

日経NETWORKを定期購読する時は、らくらく購読コースでの申し込みがおすすめです。

日経NETWORKのらくらく購読コースはこちら


 

日経ビジネス 定期購読 TOPページに戻る

スポンサーリンク