日経ビジネス 定期購読

弁護士は企業を救えるか 第三者委員会の実像

オリンパスや大王製紙など、日本を代表する企業の相次ぐ不祥事。
これらの不祥事を早期発見・解決するためには、チェック機関となる「第三者委員会」が大きな役割を果たすことになります。

第三者委員会の一役を担う弁護士は企業を救えるのか。

この特集では、企業の病を発見し、改革への処方箋がまとめられています。

弁護士の企業のおける重要性は、年々高まっています。
果たして、弁護士は日本企業の復興のきっかけとなることが出来るのか・・・。

〜2011年11月28日号の特集記事より〜

数字が語る「ニッポンの六重苦」

日本、アメリカ、韓国の大手企業の財務状況を見直した結果、日本は今、六重苦の状態であることが発覚。

税・社会保障
円高
見えないコスト
新興国での弱さ
投資効率低迷
雇用

これらの課題を乗り越えない限り、日本は国際競争を勝ち抜くことが出来ない。
では、どう突破口を切り開いていけば良いのか・・。

〜2011年11月28日号の特集記事より〜

 


日経ビジネス 定期購読 TOPページに戻る